hikarimetal’s blog

基本的に自分のためだけにメモとして書いております。

そろそろ第3波のピークに到達していると思っておりますが。

 11月29日頃が第3波の感染拡大のピークだと考えておりました。それは、ここ数日入院者がマイナスに転じておりましたので、そう考えておりました。そこで、入院者数も一旦収束に入るのかなと考えておりましたが、ここ2日はプラスに転じ、2日で1000人増加しましたので、まだ、少しピークもう少し先なのかもしれません。入院者のピークから3週間くらいの間で死者のピークが来ますので、死者のピークは年末になるのかなと予測しております。今のままで推移すれば、死者数は年末までに2500人を超える事になるのではないでしょうか?致死率は、第1波から計算すれば、1.5%、第2波、第3波では1.0%といったところになっております。これから年末まで26日で5万人程度陽性者をが発生すれば、500人がお亡くなりになられる事になりますので、累計で言えば2,700人の死者という事になる計算です。

 この数字が多いのか少ないのかと言えば、少ないと言わざるを得ません。ただ、入院患者数の急速な伸びは、医療崩壊の危険性を示していると思います。11月の初旬には6,000人程度であった入院者が、今は21,000人です。1か月に3倍以上になったのですから、パンクしても当然だと思います。そして、これは全国平均ですので、大阪や北海道では深刻な事なんだろうと想像します。

 ただ、今の問題は、院内感染なんだろうなと思います。旭川の病院におけるクラスター例を見ていますとあまりに悲惨な状況と言わざるを得ません。一般の方は病院で感染拡大のクラスターが発生する事に驚くと思いますが、実際、感染症において最も危険なのは、病院だろうと思います。患者がやって来ますし、基礎疾患を有するハイリスクの方が多いというだけではなく、感染症対策が出来ている病院自体が少ないからだと思います。実際、陰圧陽圧管理とか感染防御が出来るハードを有する病院は少数でしょうし、感染者や診察者の汚染物(着衣とか排泄物とか)を完全に密封して、その外側の表面ウイルスを綺麗にして室外に運び出す手順なんかが明確にされている一般病院は少ないでしょう。ですから、そういった汚染物と綺麗である着衣や食べ物等がcontaminationを起こす事で、病院自体が汚染してしまう可能性がある訳なんだろうなと思います。あくまで想像ですが、こういった手順を一般病院に要求するのは到底無理なので、本来は、病院に、ウイルスを持ち込まない事を徹底すべきなんだろうなと思います。とすれば、医療関係者に、かなり頻繁にPCR検査を行う事が重要なんだろなと。そして、病院自体をゾーニングして、コロナ感染者用の病院と、ウイルスマイナスの人だけを扱う病院に分離する事が必要なのではないかと思います。そういった意味では、大阪の十三市民病院をコロナ専用にした大阪は適切に対応されたはずだと思います。しかし、現実は、恐ろしいもので、想定を超える感染者が発生した事で、そういった計画が全て破壊されてしまったという事なのでしょうね。

 ただ、もう少しの辛抱だと思います。年末までには、入院者のピークは過ぎると思います。何故そんなことを言うかと言いますと、この感染症の感染力は強くないのです。こんなに大騒ぎして、陽性者が15万人程度です。インフルエンザであれば、1000万人に到達しているでしょう。という事から、特定の感染環境にいる人のみが感染すると推測されるのです。つまり、何を言われても飲み会、食事会、喫煙ブースで喫煙、合唱サークルとか非常に感染確率の高いところへ行く人がいて、その人がせっせとウイルスを運んでいる訳です。多くの人は用心してそういった場所に行かない、ただ、残念ながら、ご主人だったり、子供だったりが行って家庭内感染を誘発するという事なんだろうと。しかし、そんな人はかなり少ないと思われます。だって、今まででも15万人ですから。ある程度、そういった人達が感染してしまうと、感染拡大は止まる事になります。ですから、日本では、感染の山が出来るのだと思います。その山が出来て、減少に転じるのが1か月くらいなんだろうと想像しております。

 年末年始は、意外に全国で、500人くらいの陽性者で推移するのではないかと予想します。ただ、そこで、はめをはずすとまた、2月にピークが発生しますでしょうから、今の注意喚起が状況を年末年始まで続けばいいのになと思います。静かな、年末年始が、今年は必要だと思っております。

水野さんはどうしているんだろうか?

  水野由結さんは、いったいどうしているのだろうか?表に出なくなって3年が経過しました。芸能人であるならば、何のアナウンスも無く、こんなに長い期間活動をしていないというのは、珍しい事なのではないかと思います。6月の株主総会で社長が敢えて水野さんの現状について説明せずにスルーしたという事で、もしかしたら、10月10日には、復活するのではないかと想像しておりましたが、そうではなかった。恐らく、社長は、答えられなかったのだろうと思います。つまり、何も無いから。復帰に向けた努力、例えば女優とかタレントとかへの転身も、BABYMETALへの復帰についても、何も将来計画が無かったという事なんだろうと。そんな事ってあるんだろうかと思います。3年間ですからね。しかし、それは、間違いなく、本人の意向なんだろうと思います。つまり、仕事をしないという事であると。それでも、引退するとか事務所から離れないというのは、このアミューズの中で、将来的に、何かをする余地はあるんだろうとも言えるというものではないかと思います。

 BABYMETALの2人の記事は昨年の4月以降くらいから出て来ました。何度も何度も念を押すように、2人であると。つまり、彼女らは、新たなメンバーを入れる事を想定していないし、水野さんの復帰も想定していないという事なんだろうと思います。そして、昨年以降、2人は、プラスアベンジャーズでもファンに受け入れられるという事も確認出来たと思いますので、この形を続けてゆくんだろうなと思います。ある意味、海外を含んだ本格的な活動を開始したのは、2014年からですので、YUIMETALとして3年、不在で3年という事になりましたので、もう、ある意味YUIMETALが復帰したとしても追いつくのは大変なんだろうなと思いますし、2人でしっかりと出来たという自負もあるのではないかと思います。

 BABYMETALが、AKBGや坂道Gのように、メンバーを入れ替えても存続してゆく体制であるならば、3人目を入れるかもしれませんが、そうではなく、ある時点で、BABYMETAL自体が解散するという事を想定していて、それは、それ程遠くの未来ではないのかもしれないという事なんだろうと思います。

BBYMETALが紅白に出場する意義について。

 私は、BABYMETALが紅白に出て、名前とやってる事を国民に知って欲しいとは思いますが、国民の多くに、好きになって欲しいとは全く思っていません。Su-Metalが何かで言ってたように、皆が好きになるって、気持ち悪いなと思うからです。好きな人は好き、嫌いな人は嫌い、感心の無い人は感心無いでいいんだろうと思います。でも、知ってて欲しいなとは思います。

 会社とかで、「いい年をした大人が、変なアイドルに熱中して気持ち悪い。」といった理不尽な誤解を受けたりしますので、紅白でBABYMETALを知ってもらえれば、変なアイドルでは無いし、ロリでもなく、歌も上手くて、ダンスもしっかりしてて、それなりに説得力があるという事は理解してもらえるのかなと思ったりしますので、それだけで、十分かなと思っております。

 日本のマスコミは、徹底的に持ち上げて、そして、興味が無くなれば、容赦なく切って捨てるような使い捨てを許容というか積極的に肯定している業界だと思います。そういった使い捨ての業界の中で、生き抜いてゆくのは非常に難しいんだろうなと思っております。実際、長続きするのは、意外にTOPまで行かず、ニッチに活動をつづけた人の方が多いのではないかと思います。そういった意味で、BABYMETALは、現在のままで、自由に自分達のしたいことをして長く継続して欲しいなと思っております。ベビネットDA.DA.DAなんていう、ファンを舐めたような企画をどんどん続けて欲しいなとは思います。ただ、単純に、変なアイドルにお熱を上げているへんなおじさんという自分の立場が変われば、紅白って良かったのかなと思っております。

戦後史観、被虐史観について

 多くの日本人にとって、戦前は、もはや過去になってしまっていると思うのです。多くの人達は、興味を持っていないんだろうなと思います。日韓関係や日中関係や台湾、北方領土の問題に関しても、まあ、感心が無いんだろうなと思います。

 私個人としては、それは良い事なんだろうなと思っております。ここまで、日本人が感心を無くしたというのは、それだけ、日本人が今に生きているからであって、過去よりも未来を見る事が出来るからです。勿論、過去を振り返る事も重要ですが、それを強制する必要は無いと思います。生きていく上で、未来を見つめる上で、過去が必要になれば、勉強すればいいし、小説とかドラマとかで情報を仕入れる事でもいいと思います。

 一つだけ理解して欲しいなと思うのは、自分は自分だけで存在しているのではなく、両親、その両親、そのまた両親といったように考えてゆけば、自分の命に直接関与する人達は、もしかしたら、何万人以上が関与しているんだろうなと。そして、その人に間接的に関与した人をカウントすると数えきれないくらい多くの命によって、今の自分が成り立っているという事です。その多くの命に責任を負う必要は無いと思いますが、理解はして欲しいなと思います。その当時の人達が何を思っていたんだろうかとかでもね。

 日本人の多くは、無関心ではあるのですが、過剰に反応する人達もある程度いる事も確かだと思います。右翼と左翼と呼ばれる層です。この2つの層の思想の基軸というか根幹は、占領時のアメリカによる自虐史観教育によって生まれたのだろうと思います。アメリカの戦略は基本的に理解出来ます。単純です。アメリカは、歴史に残る戦争犯罪である原爆投下を行ったわけですから、日本が国力を増強して、アメリカに対し憎しみを増大させ、反逆する事を阻止するための措置だったと思います。悪いのは日本だと洗脳する事で、アメリカの戦争犯罪を忘れさせるという事でしょう。そして、結果的にそれは成功しましたが、日本人の特性として、過剰に反応した人達がいて、反戦運動から、ベトナム戦争反対、安保闘争といったいわゆる過激左翼層を増大させてしまい、その後、その左翼層に対して、反対運動として右翼層も拡大して行ったのだと思います。今の日本における一般的な右翼(一部の過激な右翼は別ですが)という層は、軍国主義者ではないようです。どちらかと言えば、アメリカの共和党右派的なポジションでしょうか?彼らは、被虐史観の異常性に気が付いた人達でもあります、ある意味洗脳から解けたというのが自然だと思います。左翼層の中心は、共産主義者とか社会主義者だと思います。これらの方のベースは被虐史観に立脚しております。ただ、被虐史観に基づいて、共産主義者或いは社会主義者になる事はどうも、説明しにくいと思われます。被虐史観が、反米、反日そして中国、ソ連北朝鮮にむつびつくというのが理解しがたいと思うからです。左翼の方の思考経路はあまり分かりません、勿論、目標もさっぱり理解できません。例えば、共産党が政権を取ったとして、何をするのか?なんて全く分かりません。かつての民主党政権は、自民党政権とあまり大きな変革をもたらす事が出来ませんでした。官僚主導の世界が強化されただけでしたし。外交に関しては、全く、経験不足でしたし、経済対策はさっぱりでした。円高誘導し、日本の輸出産業を壊滅的に破壊しました。韓国と中国にブーストを与えたのは確かでしょう。つまり、左翼の示す未来ってほぼ分らないのです。その曖昧さの根源が、彼ら左翼の支柱にもなっている護憲という概念です。

 ある程度の数の国民は、現在まで長期的な政権を担っている自民党が、改憲を目指し、万年野党である左翼が護憲を維持するという図式の異常さに気が付くと思います。自分達の目指す社会像があるのであれば、改憲は必須です。それは、良い悪いは別です。より自分達の理想像に使づける事が政治であり、政権維持の目的だからです。しかし、自民党には、それなりに意識があるようなので、改憲を目指す。これは非常に理解出来ます。しかし、左翼は、目標が無いので、護憲なんだろうなと思います。今の、環境から抜けたく無いからなんでしょうね。究極の保守でしょうし、政権奪取の意思も無いんだろうなと見るのが自然だと思います。

 左翼は戦後史観に影響されていたことは間違い無いと思うのですが、しかし、反日、反米、親中国、親ソ連親北朝鮮は、それでは説明し難いものがありました。戦後史観は、日本を否定してはいません。日本が行った過去の行為を全て日本の軍事政権(本質的には軍事政権ではありませんでしたが)のせいにしただけなのですが、戦前の否定だけではなく、日本の否定に向かったというのが不思議ではあります。つまり、彼ら左翼も、実は、戦後史観、被虐史観の洗脳から解けていて、それを利用して、自分達のある種の営業活動をしているのではないかという推測も出来ると思います。

 つまり、右翼も左翼もどっちもどっちであるという事で、お互いに、誰も洗脳されていない戦後史観を利用して、商売をしているという事なんだろうなと思います。まあ、一般人としては、それに、本気で向き合う必要もなく、娯楽としてとらえるべきなのかなと思います。

 

 

第3波は、ピークが過ぎたように見えます。

 昨日の厚労省報道発表資料で久しぶりに、入院患者数がマイナスになりました。10月21日には5100人くらいだったのが、今は4倍の21000人まで膨れ上がっておりますが、ようやく、少し落ち着く方向にあるようです。実際、陽性者数は、センセーショナルですが、実は、無症状者を検査すれば、カウントされますが、検査しなければカウントされないという事になりますので、検査数が増えれば当然増える事になると思います。重症者数は、国と東京の基準に差異があります。ある程度比較対象になる数値が、入院患者数であると思います。つまり、医者が、入院加療が必要と判断した症状を有している人という意味において、ある程度の整合性があると思っておます。

 マスコミは、あれ程GOTOを煽っていたのに、今は完全に全否定という姿勢に見えます。節操が無いというか。ただ、実際、マスコミは、自らのデーター解析があまり得意では無いように思います。それは、どういう事かと言いますと、ヒステリックになるタイミングが少し遅れるという事なのだろうと思います。

 某TV○日の○ニングステーションのTMGさんは、東京の感染者数が3週間後でしたっけ、1日1000人まで増加するとのグーグルの予測を引用しております。しかし、実際の第3波は、拡大トレンドがこの2週間でピークを迎えたように増加スピードが鈍化し始めておりますので、到底1000人になるようなトレンドは予想出来ない状況になっております。彼は、かつて、東京の死者がニューヨークのようになると主張しておりましたが、感染症拡大のパターンとして、何の外的要因も無く、突然急激に上昇するというモデルは考えにくいとは考えなかっ 昨日の厚労省報道発表資料で久しぶりに、入院患者数がマイナスになりました。10月21日には5100人くらいだったのが、今は4倍の21000人まで膨れ上がっておりますが、ようやく、少し落ち着く方向にあるようです。実際、陽性者数は、センセーショナルですが、実は、無症状者を検査すれば、カウントされますが、検査しなければカウントされないという事になりますので、検査数が増えれば当然増える事になると思います。重症者数は、国と東京の基準に差異があります。ある程度比較対象になる数値が、入院患者数であると思います。つまり、医者が、入院加療が必要と判断した症状を有している人という意味において、ある程度の整合性があると思っておます。

 

 マスコミは、あれ程GOTOを煽っていたのに、今は完全に全否定という姿勢に見えます。節操が無いというか。ただ、実際、マスコミは、自らのデーター解析があまり得意では無いように思います。それは、どういう事かと言いますと、ヒステリックになるタイミングが少し遅れるという事なのだろうと思います。

 某TV○日の○ニングステーションのTMGさんは、東京の感染者数が3週間後でしたっけ、1日1000人まで増加するとのグーグルの予測を引用しております。しかし、実際の第3波は、拡大トレンドがこの2週間でピークを迎えたように増加スピードが鈍化し始めておりますので、到底1000人になるようなトレンドは予想出来ない状況になっております。

 入院患者数で見ますと、増加が、少し頭打ち傾向になっておりますので、実は、今感染のピークを過ぎているが、過ぎつつあるという事が言えるのかなと想像しております。とすれば、感染のピークは1~2週間前くらいであったのではないかという事になります。とすれば、日本医師会が3連休前に主張した、我慢の3連休が功を奏したという事になったのではないかと。日本人って、結構凄いなぁと思います。凄くないのは、マスコミで、2週間遅れで、感染増大の恐怖を煽っております。この、データー分析能力の低さと感受性の鈍さは、残念ですね。

 ともあれ、疑問は、第2波と第3波のウイルス変異があったのか否かという事です。第1波と比較すると、致死率は低く、第2波と第3波の致死率はあまり変わらないように見えます。感染力も第1波とは比較にならないくらい強力なのですが、2と3ではそれ程変わらないように見えます。とすれば、第3波は、機会拡大や地域拡大としか考え難いのですが、それで、ここまで感染拡大するんだろうか?と疑問に思っております。パターンとして、1か月半程度の感染拡大期と、1か月半程度の収束期が繰り返しているように見えます。これは、もしかしたら、いわゆる免疫持続期間がこのくらいなのではないかと危惧しております。

 この、感染症は、実は、濃密状態以外では、飛沫感染となりますので、マスクをしておれば、感染拡大はしない可能性が高いと思われます。単純です。単純であるからこそ、疎かになってしまうのかもしれません。実際、食事会や飲み会で、感染者がいて、マスクをしてなければ、高い確率で感染するでしょうね。飛沫の飛ぶ範囲内では、換気はほぼ関係無いでしょうね。病院や高齢者介護施設以外での感染は、注意すれば防ぐ事が出来るのですが、それが出来ないのは、やはり、知識不足なんだろうなと思います。マスコミも恐怖を煽るだけではなく、ベーシックにこれだけで大丈夫なんだよと、しっかりとPRして欲しいものです。

紅白は何を歌うんだろうか?

BABYMETALは紅白で、何を歌うんでしょうか?後1か月後ですね。

今回の事で、世間的には、BABYMETALの認知度は、それなりにあるように思えました。しかし、色物のアイドルというイメージが強いのではないかなと感じております。乃木坂やNijiUと同じイメージで、そのマイナーな存在という感じでしょうか?

 多くの人はギミチョコを少しだけ聞いたことがあるのかもしれないので、そういった可愛い系のアイドルがメタルの真似事をしていると思われたのだと思います。ギミチョコだけでなく、ドキモとかIineとかウキミとかを見れば、その判断は間違っていると言い難いと思います。それでも、美人で、歌が上手くて、踊りが上手くてといったとびっきり上位のアイドルと見えると思います。ただ、そこに意外性は無いと思います。意外性があるとすれば、アカツキとかメギツネとかIDZとかを聞いたとしたら驚くでしょうね。歌ウマ!!迫力スゴ!!、これは、アイドルや無いわと。本格的やないかと。メタ太郎とか、オマジナイとか。BxMxCとかをすれば、変なグループやなぁと思うのかもしれません。

 BABYMETALは、やはりアイドルなんです。とびっきり上等な。そして、バンド(含ヴォーカル)なんです、とびっきりクオリティの高い。そして、メタルなんです、本格的な。この3つが全て入っているから、特別な存在なんだろうなと思います。つまり、そのどれか1つの側面だけでは説明しにくいんですよね。紅白で、1曲でそれを説明するのはとっても難しいと思います。

 この3つを1曲に凝縮したとすれば。

  IDZ

     Krate

       メギツネ

  The One

  ROR

  Distortion

  BND

       PAPAYA

  といったところになるのではないかと思います。紅白で歌うとすれば、3rdの曲であって、Bestに入っている事が前提なのかなと思いますと、DistortionPAPAYAになります。とすれば、この2曲のどちらかという事で、NHKのSONGSでも、MTVでもPAPAYAだったので、PAPAYAが本命なんだろうと思います。しかし、Mステでも紅白でも与えられる時間は、2分30分から3分くらいではないでしょうか?とすれば、PAPAYAは約4分なので長いと思います。F.Hiroのラップを切る事になるでしょう。とすれば、原曲が3分5秒のDistortionになるのではないかと思います。私の希望は、TheOneなのですが、到底無理でしょうね。

      

  

お茶で、ウイルスの感染力を抑えるとの発表があったとの事。

 「市販のお茶でコロナウイルスの99%が感染力を失う」との発表が、奈良医大よりあったとの事。最も、効果があったのが、紅茶だったそうですが、どうも、カテキンがそれなりに影響しているようです。

 そういえば、中国、台湾、韓国、日本とお茶を飲みますね。意外に、原始的な事なのですが、感染防御に関して、所謂ファクターXは、お茶だったのかもしれないと思うようになりました。

 コロナウイルスは、唾液の中の飛沫で感染すると言われております。東京で爆発的に感染者が増えているとマスコミが恐怖を煽っておりますが、最大値で昨日570人です。この数値を感染爆発とは呼べないと思います。何故、感染症としては、陽性者が少ないのかと言えば、飛沫感染だからだと思います。もし、これが、空気感染、いわゆるエアロゾル感染であれば、インフルエンザを参考にすれば、陽性者が2桁違うと思います。

 とすれば、唾液の中のウイルスを殺せば、感染拡大は止まる事になります。それは、お茶の中にあるカテキンであれば良いとすれば、感染予防は非常に簡単になります。一部のマスコミがこのコロナウイルスは感染力が強いと間違って煽っておりますが、飛沫感染が主体ですから、感染力は強くありません。少量のウイルスが侵入したぐらいでは、発症までには至らないと思われます。その根拠は、不顕性感染者が多いという事で、推定されます。つまり、大多数の場合、少量のウイルスが入っても、知らないうちに治癒してしまっているという事になっていると思われます。 しかし、濃厚接触者は、かなりの確率で発症するようです。つまり、ある程度の許容量を超えたウイルスが侵入すると、発症してしまうという事なんだろうと思います。

 とすれば、ウイルス保有者が、唾液の中のウイルスを殺して飛沫の中に占めるウイルス量を減らせば、感染拡大しないという事になります。つまり、最初にお茶を飲んで、口の中をうがいすれば、その後はお酒を飲んで、しゃべっても良いという事になるはずです。勿論、唾液腺の中にウイルスがいる場合が強いので、ある程度のインターバルで、口内の唾液をお茶で、濯ぐ必要はあると思いますが。

 ここで、主張したいのは、お茶は、自分から他人への感染を防ぐものであるという事です。つまり、自分のためではなく、他人のためという事になります。勿論、飛沫感染の場合、口、鼻、目等の粘膜からウイルスが侵入する蓋然性が高いと思いますが、少なくとも、お茶を飲む事で、口からの感染を防ぐ事も可能になるのではと思います。つまり、お茶により、ウイルスの接待数を減らせれば、発症する確率を減らす事が可能になるという事になります。

 もしかしたら、この簡単な方法により、コロナウイルスに関する対策が見えて来たのかもしれません。そして、お茶は、世界的に流行るかもしれません。